レバレッジのメリット・デメリット

日経平均株価指数取引の最大のメリットは、やはりレバレッジがきくということではないでしょうか。株や先物取引などで資産運用をしたいと考えている人は誰しも、銀行に預けていてもお金が増えないことに失望した方々だと思います。0.0何パーセントしか金利がつかないのであれば、多少リスクがあっても、もっとマシな方法はないものかと思って、日経平均株価指数取引を試しているという方は多いようです。

レバレッジとは「てこの作用」を語源とする言葉で、他人の資本を使って自己資本の利益率を上げることです。株価指数取引の場合、実際に株を買うわけではありません。買い注文をしたときに、いつ売るのかまで決めておいて、売る期日がきたときに、買ったときとの差額を清算します。売り注文から入っても同様です。

さて、この差額だけ準備できれば良いわけですから、ここにレバレッジをかけてみましょう。たとえば、レバレッジをかけなければ1万円だけ収益が出たとします。2倍にレバレッジを設定しておけば、2万円の収益が出るというわけです。もちろん、デメリットとしては損失が出たときにもその比率は同様にかかってくるということです。よって、損失がいくらまでで損切りをするのかなど、資金に余裕のある範囲でマイルールを決めて臨んでおくと良いでしょう。

くりっく株365ならほぼ24時間取引可能!

くりっく株365という金融商品をご存知ですか?副業として投資をしている方は多いと思いますが、そんな忙しい方に嬉しいのが、くりっく株365なら取引時間が非常に長く、ほぼ24時間だということです。そんなくりっく株365について、少しご紹介したいと思います。

くりっく株365は、証拠金取引の一種です。担保として証拠金を差し入れておくことで、それ以上の金額の取引をすることができます。株価指数を取引相性としており、日経225だけでなく、外国の株価指数の取引もできます。外国の株価指数の取引ができるということはすなわち、海外のマーケットが開いている時間に取引ができるということであり、そのために、取引時間が長くなっています。

ちなみに、外国の株価指数の取引と言えば、為替レートの変動による損益が心配ですが、くりっく株365なら円で取引ができますから安心です。為替リスクは、マーケットメイカーが背負ってくれているのです。日本の祝日も取引可能ですから、忙しい方も自分の時間を見つけて取引できると思います。

さらに、くりっく株365は、指数取引でありながら、普通の株式売買と同様に、配当金を得ることができます。メリットが多くてうれしい金融商品だとは思いませんか?

CFD(差金決済取引)の基礎知識、まとめました

CFDというキーワードをご覧になったことはあるでしょうか?日本で投資といえば、株とかFXが人気のようで、実際に投資をしていたり、投資についてかなり情報収集している方でなければ、CFDという単語に出会うことが少ないかもしれません。CFDとは”Contract For Difference”という英語の経済用語の頭文字をとったものです。日本語にすると、「差金決済取引」となります。

差金、すなわち、差額のお金を決済する取引ですね。何の差額かというと、取引対象のものを、買いからスタートしたなら売るときと買ったときとの差額、売りからスタートしたら買うときと売ったときとの差額です。取引対象は、外国為替や株価指数、石油や金などの具体的な物品など、多岐にわたりますが、これらの資産を実際に購入する必要がなく、差額だけ払えば良いわけですから、少ない金額で大きな額の取引にチャレンジすることができるというわけです。

CFDをやってみたいと思ったら、証券会社に相談してみましょう。証券会社ごとに、ロスカットといって、担保としている証拠金以上の損が出たら、自動的に損切りをしてくれるサービスなどもあります。どの証券会社を選ぶかも、投資を続けられるかどうかのポイントになりますので、いろいろ調べてみてください。

おすすめの資産運用。

資産運用を検討しているみなさんは、現在資産を口座に預金していますか?
今後のゼロ金利政策の影響で銀行預金で儲けるということは不可能となりました。
そのため、効率的な資産運用として株やFXなどの投資が注目されています。

今は少額資産運用から始められる証券会社もたくさん増えてきているようです。
たとえば10万円の元手があれば確実に投資が始められます。

一例として、以下に10万円で購入できる金融商品をご紹介しましょう。

・ネットバンク
業者によってはメガバンクの数倍になる預金サービスを提供しています。
さらにネットバンクの預金サービスは1000万円とその利息までを元本保証してもらえるため、安心して運用が可能!

・株式投資
10万円があればさまざまな株を購入することができます。
もちろん、国内株式・株式投資どちらも対象ですよ。
超大手業者のものも含まれますから、まさに選びたい放題!

・投資信託
投資を仕事としているファンドにあなたの代わりに資金を運用してもらうという金融商品です。
1万円前後から投資を行うことができるということで、より気軽な投資というイメージですね。

・FX
10万円があれば、レバレッジを最大の25倍効かせれば250万円相当分の取引が可能になります。
お金を短期間で稼ぐことができるので人気の取引のひとつ。

日経平均での投資はどんな種類があるの?

株式投資をするなら、やはり日本株が良いという方は多いと思います。日本の会社の株式の方が、銘柄を選ぶにしても知っている会社も多いし、日ごろから情報を得やすいからです。

日経平均で株式投資をするにしても、いくつか種類があります。ここでは、日経平均先物とくりっく株365についてご紹介したいと思います。

日経平均先物(日経225先物)取引は、日経平均株価指数で取引を行います。差金決済ですので、取引時に決めた期日が訪れた際に、取引時との差額を決済しますが、各証券会社が指定する証拠金が結構高いので、100万円程度は運用資金として用意しておく必要があります。

一方、くりっく株365は、日経平均先物と同様の指数取引ですが、くりっく株365を含むCFD取引は、世界中の市場で取引ができます。これはすなわち、24時間取引ができるということです。日中は本業が忙しいという方にも利用しやすいかと思います。レバレッジをきかせて取引ができるので、少ない元手から投資する人も多いようです。

CFDと先物の違いについて詳しいブログがありますのでご紹介しておきますね。個人の方のブログですが、日経平均先物とくりっく株365それぞれの取引実績があり、今はくりっく株365を中心に投資されているようですよ。参考にしてみてくださいね。

Search
Categories
Bookmarks